薬剤師の転職で理想とする年齢はいくつか

薬剤師としてのキャリアと年齢

薬剤師として2回転職を経験薬剤師のキャリアは引く手あまたか・・?薬剤師としてのキャリアと年齢

ただ後から聞いた話として、30代は薬剤師としての経験値も十分積んでおり、それでいてまだ若いということから一番魅力のある人材として見られると知りました。
確かに8年や9年も仕事をしていれば嫌なことも沢山経験していますし、自分の仕事への自信も26歳のときとは大違いです。
どこか面接でも、そのような自信を醸し出せていたのかなと思います。
これこそ真の売り手市場、合計5つの職場から内定をもらえた私はじっくりと労働環境を吟味し、今もその職場で穏やかに仕事ができています。
20代と30代でこんなにも評価が変わるとは、夢にも思っていませんでした。
しかし行動に移さなければその事実に気付くこともできませんでしたし、この2度の転職活動は非常に有意義だったと感じています。
この先40代になればまた見られ方も変わるのでしょうが、キャリア的にも年齢的にも私は職場を変えるなら30代がベストだと感じました。
若過ぎると逆に採用されにくい、このことも大きな学習材料となっています。
以上のことから、もし現在薬剤師として働いており職場を変えたいと悩んでいる人がいれば、自分の経験値と年齢を考えるようにしてみてください。
条件や環境の良い現場は競争率が高いですし、どこででも自分のことを高く評価してくれるとは限りません。
何にでもタイミングは重要なのだなと、今は身に沁みて感じています。